2012年NortonがロータリーエンジンのバイクでMotoGPに参戦?

スポンサードリンク

一部のレースやマン島TTでプロトタイプとして参戦しているノートンのロータリーレーサーNRV588の凄まじくかっこいい排気音はYouTubeでも話題になりましたが、まずはスーパーバイクに正式参戦、そして2年後、MotoGP参戦を狙っているという噂です。 

Norton in MotoGP in 2012?

Double take. While we thought Norton wanted to return to racing through the BSB and/or WSBK championships with their 210hp rotary engine, it now seems that they are looking to make a much bigger step by entering MotoGP when the series returns to the 1000cc displacement in 2012.



いずれにしても、ロータリーエンジンがこれらのレースに参戦するには、レギュレーションの改定が必要なようですが、通常の4ストロークエンジンより、回転あたり燃焼回数が多いロータリーは排気量の調整が必要のようです。
2ストローク換算になるのかな?

もしかしたら、イタリア ドゥカティのロッシの最大の的は、イギリスのロータリーエンジンバイクになるかもしれませんね。

ちなみに、Norton NRV588のスペックは・・・

エンジン:ツインロータ 588cc
ダイレクトインジェクション
バリアブルインテークシステムによって、最大トルクは8000-11000rpmで発揮
電磁ウォータポンプ
ロータへのファン冷却システム
フライバイワイヤスロットル
出力:170BHP/11500rmp 
ツインスパーアルミフレーム、スポンドン製フロントサスペンション、オーリンズ製リアサスペンション
AP製ブレーキディスク、ラジアルマウント
ホイール 16.5インチ
乾燥重量130kg
とのことです

MotoGPマシンとなると、更に強力になるかもしれませんね。

Norton NRV588の画像や動画はこちら

146_0803_12_z+norton_NRV588+wankel_rotary

2009 Norton NRV588 Goodwood Festival of Speed 2009

Donnington Revival

Festival Of 1000 Bikes  Mallory Park

Festival of 1000 Bikes

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です