フジフイルムが超高速AFのコンパクトデジカメ「FinePix F300EXR」発表

スポンサードリンク

富士フイルムがやってくれました。
一眼レフ並の高速AFを実現する画期的なイメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix F300EXR」を発表しました。

富士フイルムが位相差AFを搭載したコンデジFinePix F300EXR発表YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com | YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com

世界発の3Dコンパクトデジカメの次は、世界発の位相差AFを組み込んだCCDです。


一眼レフカメラはメインのイメージセンサーとは別に位相差のAFのモジュールが搭載されミラーで切り替えることで高速のAFを実現していましたが、コンパクトデジカメやミラーレスでは常にメインのセンサーで撮像しているので少し遅いコントラスト検出方式のAFが使われていました。
フジフイルムはメインのイメージセンサーの中に位相差検出用のセンサーを組み込むことで、コンパクトデジタルカメラでも一眼レフカメラ並の高速AFを可能とした新スーパーCCDハニカムEXRを開発ました。

これは凄い技術ですね!
このセンサーを搭載したミラーレスカメラがあれば良いと思ったのは私だけでしょうか?

富士フイルム、位相差AF搭載の薄型15倍ズーム機「FinePix F300EXR」 – デジカメWatch

富士フイルムは、位相差AF対応のスーパーCCDハニカムEXR搭載機「FinePix F300EXR」を9月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です