世界初日本発EVタクシー試乗会レポ:その2 #evtaxi

スポンサードリンク

◆実証事業の全体像

六本木ヒルズのタクシーステーションを中心に3台のバッテリー交換式タクシーが実車走行中


◆プロジェクト編成

・メインスポーンサーは経済産業省、資源エネルギー庁
石油流通を担当したいる部門
背景:経済状況などからSS(サービスステーション=ガソリンスタンド)が凄い勢いで減っている中、未来のSSの姿を模索している。
・タクシーの運営は日本交通
都内最王手のタクシー会社

・ベタープレイス

 

◆ビジネスモデル


このバッテリーステーションは、タクシービジネスに必要な全てのインフラを構築している。

ベタープレイス社は車両、ステーション、ITインフラの全体のプロバイダーを目指している。


◆ルノー社とのEV急速充電事業

デンマーク、イスラエルで実証実験。急速充電タイプ。

ルノー車を用いている

◆ITについて


iPhoneとPCの両方を活用したシステム


リアルタイムモニター

車両の状態をリアルタイムで把握出来る。

場所、速度、進行方向、アクセルの踏み具合、エアコンの状態、バッテリーの状態など

分析レポート

スタッフもiPadやPCで状況が見れる環境を構築したいる。

一般ユーザ向けのサービスも展開する。


EVタクシーの状態を表示する。

各車両がTwitterにつぶやく。


フォローすると、3台のタクシーの状況が、TLで把握できる


フォローしてみよう ⇒ http://twitter.com/tokyo_evtaxi


iPhone対応のWebアプリ

iPhoneでアクセスするとGoogle Mapsにん連動し、タクシーが走っている、待っている場所と状態を把握出来る。


朝8時~深夜2時まで営業。


日本には元気のある話題が少ない。

東京を電気タクシー発祥の国にしたい。

タクシーに関するこのようなインフラやITシステムは世界にはまだ前例が無い。

ということで、ベタープレイス様のプレゼンテーションは終了、次は試乗です!

試乗券ゲット。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です