SONY NEW VAIO P Series Coming-out Event:プレゼンテーションその2

スポンサードリンク

◆持ち出したくなるデザイン


昨年の3月くらいからデザインのプロジェクト開始
デザイナーへの要望⇒これまでのPシリーズとまったく同じ大きさ新鮮なデザイン



何故同じ大きさか?⇒文字入力をする為に最小のキーボードのサイズを変更することは出来ない


ここ最近メタリックなデザインが氾濫しているので、今回は是非マットで行きたい

マット=布、ゴム

ゴム=柔らかく、包み込む

包み込むデザイン


◆カラフル


一般的にモックアップ段階ではカラーを決めないが、今回の新VAIO Pシリーズではオレンジをイメージカラーとして、最初のモックアップに着色した。


柔らかい色で包み込むデザインを具現化

ソフトな色とカタチを生かす⇒まずオレンジやライトグリーンをイメージした





青や、赤などの要望があったがあえて外して考えた、またマーケッティングからはメタリックへの要望が強かったので、後戻り出来ない心配があった。

⇒社内で公開したところ、すごく好意的に受け止められた

⇒即決

しかし製品化するまで、設計とのやりとりや調整ではではかなりの苦労

激しい議論を重ねた

例えばネジを使わないコンセプト

前Pシリーズような、すりばちを設けてキーボードと液晶の干渉を避けるようなデザインにはしない

過去モデルのデザインの良さ

エッジを妥協したデザインもあった

◆アクセサリー

包み込むデザイン、アクセサリにもこだわり

カラーのコントラストを楽しむケースはデザイナーからストラップ付を条件に製品化

Sony Style(ソニースタイル)

スポンサードリンク

One thought on “SONY NEW VAIO P Series Coming-out Event:プレゼンテーションその2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です