F1スペインGP予選終了 Q3に残った!

スポンサードリンク

F1第5戦、ヨーロッパラウンド開幕のスペインGPの予選が終了しました。
このスペインから本当の戦いが始まると言われます。
これまで調子が上がらなかった皇帝シューマッハはホイールベースを延長した新シャシーを得、プラクティスから予選の速さは随一と言われるニコ・ロズベルグを圧倒していました。
さて予選でもシューマッハは復活したと言える活躍を示したのでしょうか?



またもう一人注目を浴びたのは小林可夢偉さん。
こちらも、マシンの大幅に改良を重ねたようですが、とうとうQ3に進出しました。
結果はこちら

ポールポジションは、今期圧倒的な速さを誇るレッドブルのウェーバーでした!

勿論セカンドポジションは同じくレッドブルのベッテルです。
ここのところ、ウェーバーは侮れない速さを示しています。天才と言われるベッテルをしばしば圧倒しています。

ミハエル・シューマッハはレッドブル、マクラーレンのハミルトン、フェラーリのアロンソ、マクラーレンのバトンに続く5位。
実質チャンピオン候補に続く結果となっており、とうとう、ニコに勝ました、そしてかつての僚友フェラーリマッサよりにも勝ったことになります。
あと一歩で、トップ争い出来るポジションにやってきましたね。

そして、何よりも嬉しいのは、小林可夢偉さんが、バーガーキングパワーでQ3までたどり着いたことですね。
勿論、デラロサにもちゃっかり勝っています。
今回ばかりは決勝でしっかり完走すれば、確実にポイントがゲットできそうですね!頑張ってください!!

終始レッドブル勢の争いが続けられたスペインGPのポールポジションは、結局マーク・ウェバーがただ一人1分19秒台に入れるタイムで獲得。 ウェバーのポールポジションは通算3回目、今季マレーシアGPに続く2回目となる。

F1 第5戦スペインGP -RIJ- (2010-05-08) Qualifying-Session 2010 FIA F1 World Championship Rd.5 バルセロナ・サーキット(ESP):4.655km

ポールポジションを獲得したのはマーク・ウェバー。2番手にもセバスチャン・ベッテルが入り、レッドブルがフロントローを独占。レッドブルとしては開幕から5戦連続のポールポジション、今季3度目のフロントロー独占となった

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です