F1スペインGP決勝フィニッシュ

スポンサードリンク

スペインGP決勝終了しました。
他チームからお手上げ状態のタイムを叩きだしたレッドぶるの、ウェーバーとベッテル。
そのままの勢いでゴール出来たのでしょうか?

やはり、今回はレッドブルの勢いを止める要素は見当たりませんでした。
ウェーバーはポール・トゥ・フィニッシュの完全勝利

終始ドライコンディションで行われたスペインGP決勝レースは、ポールポジションからスタートしたレッドブル・レーシングのマーク・ウェバーがそのまま逃げ切り今季初勝利、昨年のブラジルGP以来となる自身通算3度目の優勝を遂げた。 スペインGPはこれで10年連続ポールシッターが制したことになる。

F1 第5戦スペインGP -RIJ- (2010-05-09) Provisional Race-Results 2010 FIA F1 World Championship Rd.5 バルセロナ・サーキット(ESP):4.655km

第5戦スペインGPは、レッドブルのマーク・ウェーバーが圧倒的な速さで今季初優勝を果たし、2位アロンソ、3位ヴェッテル、4位シューマッハ、5位バトン、6位マッサとなった。ヴェッテルはブレーキトラブルを抱えながらも3位表彰台を獲得、ハミルトンは2位を走行していたが、残り2周でコースアウトしリタイアとなった。

フェラーリのアロンソは2位に入る粘り強さを見せました。
地元スペインのファンは大歓声でだったようです。

小林 可夢偉さんは12位ながら確実にゴール。
完走が目標だっただけに、これからに繋がるレースだったのかもしれません。

10番グリッドからスタートした小林可夢偉は、オープニングラップに接触があり順位を落としたが、マシンに大きなダメージはなく、12位で今シーズン初完走を果たした。

また、最も注目されたのはシューマッハですが、堅実なレースを見せたようです。
スペインでは、クオリファイ、予選、決勝と全てニコ・ロズベルグを上回ることが出来ました。
次の目標はライバルということですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です