docomo 2010年度夏モデル新製品内覧会に行ってみた:その3

スポンサードリンク

ドコモ2010年モデル、実際はNECのキーボードiMode端末、N-08Bしか興味なかったのですが、一応他の端末も見学してみました。

今回目立ったのはSTYLEシリーズ、つまりデザインに拘った端末です。

会場の中央にSTYLE シリーズのブースが並んでいました。

そして

各メーカーのブースには、必ずデザインコンセプトを示すような、ディスプレイがありました。

amadanaなdocomo SMART series N-07B


こちらは女性らしいdocomo STYLE series P-05B


カラフルな docomo STYLE series SH-02B marimekko


こっちはちょっとリッチに docomo STYLE series SH-08B

ゴージャス


ちょっとクラシカルdocomo STYLE series N-06B

そんな中で一番面白かったのはLGのCONRAN携帯 docomo STYLE series L-04B

横から見ると、折れ曲がった形状。ズボンのお尻ポケットに入れてもフィットするとのことです。

裏蓋を開くとこんな感じ。

一体感が出るように、裏蓋も一体

日本のメーカーの携帯並みの質感でしたよ


SMARTシリーズはブランドとのコラボケータイだらけでした。



一方スマートフォンの中で一番気に入ったのが、シャープのAndroid端末 LYNX SH-10B

こちらもiPhoneと大きさ比べてみました。

この端末の特徴も、大きなキーボードを備えること。

NECのN-08Bとは違って、シンプルなキーでちょっと小さいけど、意外と入力しやすいと思いました。

ワンセグも受信出来たり、シャープが開発したOCR搭載の名刺リーダーアプリとかなかなか日本人の心に刺さる高機能。

勿論、タッチパネルを搭載しているので、操作感も抜群です。

Andoroid端末の中ではイチオシかも。

ということで、docomo 2010年夏モデル内覧会の報告は以上です。

NECのN-08Bと、シャープのLYNX SH-10B、どちらも大きいキーボード搭載している端末が気になりました。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です