PENTAX 645D発売日は5月20日

スポンサードリンク

中判デジタル一眼レフカメラ、ペンタックス645Dの発売日が5月20日と決定したようです

HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部は4月27日、レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」とレンズを5月20日に発売することを明らかにした。

標準レンズとセットでほぼ100万円、それでも中判デジタルカメラの中では圧倒的なコストパフォーマンスなんだそうです。

更に、他の中判と比べると大きな違いとしては、バッテリー性能が素晴らしく良いということ。
私のPentax K-7と共通バッテリーで、約800枚の撮影が可能ということ(K-7はストロボ発光無し:約980枚)ということで、スタジオをメインとした他の中判カメラでは有り得ない数値のようです。

K-7とバッテリーが共通と聞くと、おお、いい!と思うのですが、やっぱり100万円の捻出は超不可能でですねw

ペンタックスの中盤デジタル一眼レフカメラ、645Dの発売が5月20日に決定したようです

価格はオープンプライス。店頭予想価格はPENTAX 645Dが80万円台半ば、D FA 645 55mm F2.8 AL [IF] SDM AWが10万円前後の見込み。いずれも3月10日の正式発表時、5月中旬の発売としていた製品

ペンタックス初の中判デジタル一眼レフカメラ「645D」の発売日が、2010年5月20日に決定した。

スポンサードリンク

アマゾン