MT→WP移行まとめ:その1(調査編)

スポンサードリンク

いよいよ246gも、MovapletypeからWordpressへの移行することになりましたので経緯を記録しておきます。

ちなみに、このRoom246βが移行テスト用のブログでもあるのです。

Wordpress Schwag

Photo by Peregrino Will Reign

移行しようと思ったきっかけは、Movebletypeのページ更新にエラーが頻発するようになったことです。

246gのブログ全体でこれまで貯まった記事が1万エントリを超えました。

低価格サーバーでは既に処理の限界を超えているんだと思います。

勿論高性能サーバーを利用するという手もあるのですが、246gではそこまで収益が上がっていませんw

そこで、再構築の必要がない、Wordpressへの移行を試してみることにしました。

その他、Wordpressを調べてみるとMovabletypeに無い利点も判りました。

◆豊富なプラグインとオンラインによるプラグイン導入、更新が可能

  • GoogleSitemap作成プラグイン
  • FeedBunner接続プラグイン
  • Amazon連携プラグイン

◆豊富なテンプレート

  • iPhoneテンプレート導入がカンタン
  • SEOを前提としたテンプレートを選択出来る
  • 見栄えが良い無料(寄付あり)テンプレートが多数配布されている

◆PHPによるカスタマイズが基本

  • 柔軟にカスタマイズ出来る
  • テンプレートをカスタマイズした後再構築しなくても良い

逆にやっかいそうな点として

  • MTはページ構成/構造とスタイルが分離しているが、WPはテンプレートを変更したら、カスタマイズや設定したページ構成もリセットされてしまう。
  • 基本的に1インストール、1ブログ(WPMUで可能だが)

    WP3からは、WPMUと統一されマルチブログが可能だが、MTのようにブログ間の連携機能はなさそう(プラグインでなんとかなるのかな)

  • WPMUを試してみると、やはりブログ毎に、データーベースを別に作ってしまうようなので、インストールの手間が少なくなるくらいか(現バージョンで)

ということで、結論としては個人のサイトで運営するには、コストが低いWordpressの方が向いているのでは無いか(って今頃気がつくかっ?w)なので、WPを導入することにしました。

勿論、更新頻度が低いブログはあえてWPに移行する必要も無さそうなので、MTのまましばらく運用すると思います。

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です