音楽を聞くならYouTube

スポンサードリンク

YouTubeがあれば、CDや音楽配信サービスはいらないようです。

YouTubeの利用割合が最も高く、49.6%とテレビの視聴割合を上回った。

まさか、YouTubeが音楽配信サービスになるなんて・・・・

基本的に無料なYouTubeですから、CDが売れなくなるのに拍車をかけるだけでなく、音楽配信サービスにも大きな影響がありそうですね。

一方、こんな統計も

iPhoneを持っていない携帯ユーザーに、iPhoneで魅力を感じる機能を聞くと、どのキャリアのユーザーも約3割が「インターネット」「タッチディスプレイ」「iPod機能」と回答し、上位3位を占める結果となった。

auやドコモの方、もしiPhoneが発売されるなら、何と!50%の方が購入される希望があるそうで、その中の3割もの人がiPod機能を欲しいということこです。

これからの、コンテンツ配信はYouTubeが鍵、つまり、AppleとGoogleに主導権争いが起こることになりそうです。
YouTubeにしろ、iTunesにしろiPhoneやiPadなどのモバイルデバイスが音楽視聴の主役になりそうですね。

そんなYouTubeはマイクロソフトのIE6を葬り去ってしまいました

スポンサードリンク

アマゾン