TVR アメリカンV8エンジンで復活へ!

スポンサードリンク

英国のピュアスポーツカーメーカー TVR のウェブサイトがスタンバイ状態になっています。

TVRはもうすぐ、アメリカ製V8エンジンを搭載した新モデルを発表するとのことです

Simply put, historically-British baby-Russian-oligarch-owned TVR is planning a resurgence of the world-wide kind. Rumors are that the new TVR model, whatever it’s going to be called, will be powered by an American engine and may even debut at this year’s Goodwood festival of Speed.

冒頭にご紹介したTVRのトップページには、サガリスの画像が掲載されていましたので、新サガリスはにV8エンジンが搭載されるということなのでしょうか?

経営が破錠する前のTVRは頑張って自社製の直6エンジンなど製造していましたが、昨今の環境対応などで、どうやら自社でエンジンを開発するのは困難と判断したようですね。

それでも、より排気量が大きいアメリカ製V8エンジンが搭載されるなら、TVRならではのワイルドな魅力はより倍増すると思われます。
また、ワールドワイド市場も狙っているとのことで、特にアメリカ市場でスポーツカーとして受け入れられるにはV8エンジンは必須になるということもあるようです。

日本でも熱狂的なファンがいるTVRですが、クルマとしては、トラクションコントロールなどの操縦安定性を向上させる、エレクトリックデバイスがほとんど装備されていないということが特徴(魅力)であり、全てのコントロールはドライバーの手足に委ねられるという、昨今のレーシングカーでさえトラクションコントロールが付いている現代で、市販車として最もワイルドなクルマです。

日本でも新TVRが見れると良いですね。

でも、映画撮影などで、慣れていない方が操縦するのはご法度ですから気をつけてくさださい。。。

T350T

T350T

TVR Tuscan S

TVR Cerbera 4.2

スポンサードリンク

アマゾン