フェラーリF10の発表にエリック・クラプトン現わる

スポンサードリンク

エリック・クラプトン氏はフェラーリのコレクターであることでも有名ですが、バレンシアサーキットを最速でラップしたフェラーリF10の発表にも顔を見せたそうです。

フェラーリF10の発表で沸くマラネロの街には、あのミュージシャンの姿もあったようだ。

エンツォをルカ・ディ・モンテゼーモロ社長に注文するなんて、クラプトンくらいでしょうか?w

クルマ好きのミュージシャンはたくさんいらっしゃるようで、はやりそのエキゾーストノートは音楽と通じるものがあるんでしょうね。

有名なところでは、ジャミロクワイがフェラーリをリスペクトしてそのエキゾーストサウンドを曲二取り入れたり、ジェフ・ベックも排気音を曲に使っていたりしますね。

こちらは、かつて、フェラーリ在籍時代のシューマッハーとのツーショット

EC & MS

そして、フェラーリを語るクラプトンの動画

フェラーリの公式ページにも掲載されているクラプトンの記事

インタビューの中でクランプトンは「フェラーリのエンジン音が大好きです。ミュージシャンとして、私は、フェラーリのエンジンが奏でるものこそが本当の音楽だと断言できます。実のところ、12 シリンダーの心地よい響きが好きで好きでたまらないんです。」とフェラーリの魅力をかみしめます。

ちなみに、私は、Fender Eric Clapton Stratocaster Torino Red所有しています。
トリノレッドは勿論イタリアの赤ですから、勝手にフェラーリレッドだと思ってますw

クラプトンストラトはブラッキーが多いと思いますがレッドはちょっと珍しいかな?

俺のじゃないけどこんな感じ↓

Fender Eric Clapton sig strat

スポンサードリンク

アマゾン