ロータスもハイブリッドカー発表へ Lotus Evora 414E Hybrid

スポンサードリンク

ロータスもジュネーブモーターショーでハイブリッドスポーツカーLotus Evora 414E Hybrid 、まずはティーザー画像を発表

ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッドの名前は、207馬力の出力を発生するモーター2機を搭載し、左右のリアタイヤを駆動することで、合計414馬力の出力を持つスーパーハイブリッドカーということなのです。

しかし、まるでテスラ・ロードスターのようにモーターで走行するようですが、なぜ、このクルマがハイブリッドカーという称号が与えられてるのでしょうか?
それは発電専用のガソリンエンジンを搭載しているからです。
そのエンジンは1200cc3気筒エンジンで出力は48馬力。エンジン単体の重量は85kgなんだそうです。

この、搭載されているバッテリーだけで楽しめる距離は、35マイル、つまり56kmです。
しかし、発電専用エンジンを利用することでその航続距離は400kmとなるようです。

パフォーマンスとしては0-96km/hを3秒以下、で燃費としては30km/L以上となるそうで、パフォーマンスをエコを完全に両立しているようですね。

ただ、一つ残念なのは、これはテスラ・ロードスターでも言えることなのですが、エンジンサウンドを楽しめないということ。
これは、クルマ好きにとっては大きなマイナスポイントなわけですが、このロータス・エヴォーラ414Eハイブリッドでは、HALOsonic システムとい面白いシステムを考えているようです。

このHALOsonicシステムは簡単に言えば、オーディオからエンジンサウンドを出すということ。
まぁ仮想エンジンですから、V6やV12の音まで自由に設定することが可能で、加速や、速度に応じてエンジンの音の出方をシュミレーションするようです。
まぁ、PS3のGT5を逆に実車で運転しているみたいなもんですね。

HALOsonicについては賛否両論あるかと思いますが、それ以上に、このLotus Evora 414E Hybridはピュアスポーツカーメーカーとしてロータスがリリースするハイブリッドカーですから、スポーツカーの新時代を示すものとして自信があるということなんでしょうね。

ネタ元はこちら:

Lotus is officially throwing its hat into the “hybrid sports car” ring. Hot on the heels of Porsche, the British featherweight world champion is going to be debuting its own plug-in racer based on the Evora’s Versatile Vehicle Architecture (VVA) platform, the Evora 414E. In their own words, they consider it a “high performance technology demonstrator”. Sounds cool.

スポンサードリンク

アマゾン