#HONDA #CR-Z に通信料無料の車載システム「リンクアップフリー」

スポンサードリンク

ホンダはカーナビに連動する、通信情報サービス「リンクアップフリー」の通信料を無料にするそうです。

2011 Honda CR-Z Sport Hybrid Coupe

CR-Zでドライブしていると、位置情報を元に様々なサービスが受けらるそうです。

無料化に伴ないプッシュ型の広告なんてあるのかな?
あと、「100m先に牛丼屋があります」 なんてバナー広告が出るなどw]
あるいはリコール情報なんて、プッシュされるかもよんw

一方で、自分の行動が全て、ホンダ様に把握されるのはちょっと不安ですね。
CR-Zマップなんて公開されちゃったりして。

無料の条件として、ホンダディーラで車検を受けることのようですが、新車が売れない近年は、車検が利益率の高いビジネスとして必須のようですから、ディーラにとっては無料の効果があるかもしれませんね。

ちなみに、有料版は1ヶ月1050円ということで、年間1万2千円。

通信のインフラはウィルコムが提供するようです。

インターナビ情報センターとのデータ通信が必要で、これまではデータ通信モジュールの別途購入や通信料が必要だった(ウィルコムの使い放題プランの場合、機器代5250円、月額1050円)。2月25日発表の「CR-Z」から用意される「リンクアップフリー」では、この機器代やデータ通信料が無料になり

本田技研工業(ホンダ)は2月16日、通信費無料で情報サービスを利用できる車載システム「リンクアップフリー」を提供すると発表した。2月25日に発表予定の新型ハイブリッドカー「CR-Z」から始め、今後適用車種を拡大する。ホンダによると、通信料が無料というのは自動車業界初のサービスになるという

同社のカーナビを取り付けたCR?Zの購入者が当面の対象となる。車検の囲い込みを含め、ドライバーとホンダ販売店の関係を強化する狙いがある。

"Living With Robots" Documentary Film

公式ニュースリリース全文

Hondaは、「インターナビ・プレミアムクラブ」会員向けに、自動車業界で初めて※1通信費が無料※2で各種情報サービスを気軽に利用できる「リンクアップフリー」を、2月25日発表の新型ハイブリッドカー「CR-Z」より開始し、今後適用車種を拡大していく。

この「リンクアップフリー」は、新車納車時にあらかじめ専用通信機器でのデータ通信が使用可能な状態となっているため、ユーザーは接続設定を行うことなく、すぐにインターナビの情報サービスを利用できる。また、車検時にHonda販売店で更新手続きをすることで、ご購入いただいた車両を所有している間は通信費無料でサービスの利用が可能となる※3。

このシステムは、ドライブの際にインターナビ情報センターに自動接続し、定期的にデータ通信を行うため、リアルタイムでの走行データ(フローティングカーデータ)収集量が従来に比べ増加。「インターナビ・プレミアムクラブ」会員は、常に最新の交通情報に基づくスムーズなルート選択や目的地までの所要時間短縮など、より精度の高いルート誘導サービスが受けられる。さらに、インサイトで約10%の実用燃費向上効果が実証されているHonda独自のエコドライブ機能「エコアシスト」「エコランキング」の活用促進と合わせて、さらなるCO2削減が期待できる。
その他に、「リンクアップフリー」が実現するサービスとして、メーカーから直接、カーナビへカーライフに役立つ情報を配信するONE to ONEダイレクトメッセージ「Hondaからのお知らせ」や、前回運転時の1日分の平均燃費をお知らせする「インターナビ燃費情報」、カーナビからインターネット上の飲食店情報の検索・取得が可能な「インターネットリンク」の提供も開始する。

<追加される新サービス>(★は「リンクアップフリー」のみ対応のサービス)
● ONE to ONEダイレクトメッセージ「Hondaからのお知らせ」★
既存サービスの新規道路開通のご案内やリコールのお知らせに加え、お客様1人1人の車両保有期間や地域・季節・走行距離など複合的な条件を基に、お客様の快適なカーライフに役立つ情報をタイムリーにカーナビへ配信する。
・ 主な配信内容
「インターナビ・プレミアムクラブ」各種サービスのご案内、点検時期のお知らせ、クルマの豆知識、Hondaのイベントなど

● 「インターナビ燃費情報」
運転開始時に、カーナビに蓄積されている前回運転時の燃費データを、インターナビ情報センターへ自動でアップロード。そのデータを基に作成された前回運転時の1日分の平均燃費や月間の平均燃費ランキング(エコランキング参加者のみ)を音声でお知らせする。

● 「インターネットリンク」
「Yahoo!グルメ」と連携し、飲食店情報などをカーナビから直接検索・取得することが可能になり、目的地検索の選択肢を拡大する。また、会員専用ホームページからも検索・登録することが可能。

スポンサードリンク

アマゾン