メルセデスGP1がW01実車正式発表

スポンサードリンク

今年のF1で最も注目されているちーむと言って過言では無いと思います。
先にデザインとカラーリングが発表されていたメルセデスGPがW01をバレンシアで走行されました

2010 Formula One Testing

ステアリングを握るのは、カーナンバー3を奪取したシューマッハと、カーナンバー3を気前よく提供した、ニコ・ロズベルグの二人とも平等にということになるようです。

両ドライバーに対し、「まったく対等」を標榜するメルセデスGPでは、最初のテストでのドライバー配分にも気を遣っているようだ。

2010 Formula One Testing

W01を見て誰もが注目するのは、ノーズからフロントサスのメンバーが結合する部分の処理ですね。

注目が集まるのはやはりノーズ部分。昨年のレッドブルが採用したようなハイノーズになっている。またエンジンカバーには、背ビレのような”シャークフィン”が小型ではあるが採用されている。

その他の写真や情報はこちら:

構造:カーボンファイバーおよびハニカム・コンポジット構造による成型

スポンサードリンク

アマゾン