グロッグはルノー入り確実との報道

スポンサードリンク

今週末アブダビGPで小林可夢偉にシートを譲る、グロッグですがどうやら来期はルノーのようです。

ティモ・グロック(27歳)について、地元ドイツの『ビルド』紙が「2010年はルノー・チーム入りが確実」と報じている。

ということで2010年ルノーのドライバー体制は、現BMWザウバーのクビサとグロッグという体制になりそうです

また、クラッシュゲート事件の影響からタイトルスポンサーを失っていたルノーF1チームには、新たにTWスティールというカメラメーカーのスポンサーが付くことが決定になりました

ルノーF1チームは、TWスティールとのスポンサー契約を発表した。ルノーにとってクラッシュゲートスキャンダルが発覚してから初のスポンサー獲得となる。

28日(水)、ルノー・チームは次戦アブダビGPにおけるスポンサーとしてオランダに本拠を置く『TWスチール』社と契約を結んだことを明らかにした。

昨年のシンガポールで故意にクラッシュしたとされる事件が発覚したことを受け、タイトルスポンサーのINGとムトゥア・マドリレーニャがルノーを離れた。しかしルノーは28日(水)、オランダの時計メーカー、TWスティールとの3年契約に署名したことを発表した。

クビサとグロッグという、若いエネルギッシュなドライバ2と、新タイトルスポンサーを得たルノーは今期の大スキャンダルを乗り越えて、来期はフレッシュなチームとしてかなり期待できるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾン