F1日本GP終了後にペナルティー発表

スポンサードリンク

F1日本GPの予選は大混乱の中の戦いでしたが、それが終わった後も大混乱だったようです。

何と、バトン、バリチェロ、アロンソ、スーティル、ブエミと5人ものドライバーがグリッド降格に

スチュワードはジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、フェルナンド・アロンソ、エイドリアン・スーティル、セバスチャン・ブエミの5人に5グリッド降格のペナルティを言い渡した

ペナルティの原因はイエローフラッグ中にタイムアタックを行ってしまったこと。

もうレッドやらイエローやらフラッグ出まくりで、無視してしまったドライバー続出ということですね。

結局順位は以下の通り

1.ベッテル (レッドブル)
2.トゥルーリ (トヨタ)
3.ハミルトン (マクラーレン)
4.ハイドフェルド (BMWザウバー)
5.ライコネン (フェラーリ)
6.ロズベルグ (ウィリアムズ)
7.クビサ (BMWザウバー)
8.スーティル (フォース・インディア)
9.バリチェロ (ブラウンGP)
10.アルグエルスアリ (トロ・ロッソ)
11.バトン (ブラウンGP)
12.フィジケラ (フェラーリ)
13.コバライネン (マクラーレン)
14.ブエミ (トロ・ロッソ)
15.中嶋一貴 (ウィリアムズ)
16.グロージャン (ルノー)
17.アロンソ (ルノー)
18.リウッツィ (フォース・インディア)
19.グロック (トヨタ)
20.ウェバー (レッドブル)

スポンサードリンク

アマゾン