VMAXに跨がる

スポンサードリンク

とうとう試乗の順番が来た

跨がっちゃいましたよ
デカっ! w


シート高さは普通ですが、シート幅もあり、足ツンツンです

ハンドルまでの距離は非常に自然。
XJR1200のようなネイキッドバイクに近い。
ステップの位置も普通。
外観はデカイですが、跨がってしまえばかなり普通のポジションが取れます。
シートは幅がありますが、フレーム自体はスリム。
足付き優先でシートを絞ることも出来るでしょうが、このシートの幅広さがとても重要です。
エンジンを始動すると、V4エンジンはちょっとゴリゴリと言った独特の感じで目覚めました。
ブリッピングをすると、グングンという感じでエンジンの手応えがハンドル、シート、タンクを伝って感じられます。
VMAXはエンジンの為のバイクであり、そのエンジンのフィーリングこそが、VMAXの評価として一番大きいところを占めている筈です。
この感覚は、並列四気筒でも、Vツインでも味わえない独特の感覚。
止まっている状態から鼓動と吹け上がり感両方とも味わえるVMAXの世界じることが出来ました。
そしてコースイン

一周目はバイクと身体のナラシですね

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト