将来ベンツやフォルクスワーゲンのエンジンは2気筒か3気筒?

スポンサードリンク

近い将来、ベンツやVWのエンジンは3気筒や2気筒が主流になるかもしれません

清水和夫さんのブログで、VWのエンジン技術者の方へのインタビューより


俺が聞きたかったのは内燃エンジンの原理原則だ。多くの自動車メーカーがダウンサイジングと言っているがどこまで小さくできるのだろうか。

将来のエンジンのキーワードはダウンサイジング
現在のエンジンの半分の排気量で、同等の出力を実現することです。

ハイブリッドで世界のエコカーをリードするプリウスですが、モデルチェンジする毎に、エンジンの方ほ排気量がアップすることが気になっていました。

対する、フォルクスワーゲンのエンジンは1400ccや1600ccにターボやスーパーチャーチャージャーを搭載することによって、ダウンサイジングを実現しています。

清水和夫さんのインタビューではベンツも日本の軽自動車と同じ3気筒エンジンになる可能性が高いそうです。

プレミアムカー=マルチシリンダー・・・という考え方は将来は通用しないようです。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト