ルノーがクラッシュゲートの事実を認めた!

スポンサードリンク

ルノーがピケjrに意図的なクラッシュを命じていた疑惑は9月21日に世界モータースポーツ評議会で審議されることで、その行方が注目でしたが・・・

何と!ルノー自らがその審議前に、意図的なクラッシュを命令していたことを認めました!

つまり、疑惑では無く、真実だったということです

以下ルノーからのプレスリリースです

ルノー プレスリリース
INGルノーF1チームは、2008年シンガポールGPに関するFIAの最近の申し立てに異議を唱えない。

また、マネージングディレクターのフラヴィオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズがチームを離れたことを述べたい。

チームは2009年9月21日のパリでのFIA世界モータースポーツ評議会の公聴会に出席する前にこれ以上のコメントをすることはない。

また、この意図的クラッシュを指令した、ルノーF1代表のブリアトーレ氏とンジニアリングディレクターのパット・シモンズがチームを追われました。

ルノーF1チームは、マネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズがチームを去ることを水曜日に発表した。

そしてパット・シモンズは裏取引で免責の代わりに、自供を。
しかも、クラッシュの提案をしたのは、ピケjr側だったということを暴露しているそうです。

パット・シモンズが免責を受け入れたかどうかは明らかではないが、彼がそうしたなら、ルノーのチーム代表であるフラビオ・ブリアトーレだけが、このような取引なしにFIA世界モータースポーツ評議会に向かうことを意味する。

なんだか、たいへんなことになって来ました。

ルノー、シモンズ、ブリアトーレ、ピケ親子・・・・彼らはF1との関わり合いを今後大きく変えなければならないかもしれませんね。

アロンソはどうなんでしょう?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト