アロンソ来期もフェラーリに行けないのか

スポンサードリンク

マスコミの間ではアロンソの来期は確実にフェラーリで走っているというハナシになっていますが、ここにきて何と、フェラーリの社長自ら、来期アロンソの移籍は無い・・・という発言を行いました。

マスコミはかつてアロンソのメインスポンサーであったサンタンデル銀行がフェラーリの支援に乗り換えたことによって、アロンソの移籍は確実であるとの見方を更に強めましたが・・・・

かねて噂の通り、これまでマクラーレン・チームの主要スポンサーだったスペインの大手銀行『サンタンデル』が、2010年からフェラーリ・チームと契約することが10日(木)、モンツァで正式発表された。
契約は5年間という長期のもの。

フェラーリの社長自ら、盛り上がるスペインのメディアに対して、強烈な牽制球
アロンソは欲しい人物の一人、少なくとも来期のフェラーリはアロンソを獲得することは無いと明言したのです、

イタリアGPの会場に姿を現したフィアット/フェラーリ・グループの総帥ルカ・モンテツェモロ社長は『サンタンデル』との契約に伴い再三噂に上がる『アロンソ獲り』について、「欲しい選手の一人であることは間違いないが、来季はない」と、スペイン紙の取材に語った。

今期マッサの負傷が来期のドライバー選択への複雑で微妙な影響が少なからずあると思います。

その代役のイタリア人ドライバーであるフィジケラへの白羽の矢、

またここにきて、ライコネンがキレた走りを見せるようになりました。

更に、フェラーリは、MotoGPのチャンピオンである、バレンティーノ・ロッシにもアプローチを開始しているとか、
BMWの撤退で市場に放出されるクビサとのフェラーリは話合っていると言います。

時間の経過と共に複雑になっているフェラーリのドライバーのハナシ。

やはり、最強ドライバーであるアロンソのフェラーリへのラブコールは永遠に実らないというドラマの結末になるのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト