リア充の方も不況を実感出来るiPhoneケース:意外に実用的かも

スポンサードリンク

経済的に無理してまでiPhone買ちゃった私も、リア充なあなたも、iPhoneも本格的な不況モードにしてみませんか?

ネタ元はギズモードジャパン様:

あちらこちらで不況ということばがつぶやかれ、なにかとせちがらい今日この頃。それならいっそ、「不況」モードを楽しんでみちゃったらどうだろう?

この新しい発想wのiPhoneケース、自分のデザインに何か他のものを付けられることを極端に嫌がるジョブズ氏のお話は有名ですが、このケースなら許してくれるのでは無いでしょうか?w

だってケースに見えないんだもんw

スティーブン・レヴィ『iPod は何を変えたのか』
P142: スティーブ・ジョブズは、iPod の外見を損ねるものには、カバーであれ何であれ、非常に敏感に反応するのだ。私は彼とのインタビューを録音する際に、外付けマイクと iPod を持っていったことがある。「iSkin」という透明プラスチックのカバーをつけた iPod を鞄から取り出した途端、彼は私に名画「モナリザ」に牛の糞をなすりつけた犯罪者を見るような目を向けたものだ。もちろん私は、繊細なiPodに傷や汚れをつけたくないのだと言い訳したが、彼は聞き入れようとしなかった。「僕は、擦り傷のついたステンレスを美しいと思うけどね。僕たちだって似たようなもんだろう? 僕は来年には五十歳だ。傷だらけの iPod と同じだよ」

また、現実的に、このCasemateのrecession case。。。
・安い
・抜群の耐衝撃性w
・デザインを自由に変更できる

ということで、実際イイかも
だれかストリートアート描いてくれって感じですね。
余計に不況感演出しちゃうかもしれませんがw

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

One thought on “リア充の方も不況を実感出来るiPhoneケース:意外に実用的かも

Comments are closed.