帰省で使ったiPhone アプリ : Trapster

スポンサードリンク

けっこう使えるなと思ったのが、クルマ乗りなiPhone ユーザの方にお馴染み?Trapsterです

iTunesからのダウンロードはこちら⇒Trapster speed trap alerts (now with Twitter and Facebook Connect)

GPSとGoogleマップと連動しケーサツの取り締まりポイントが近くなると、警告を発してくれるという巣晴らしいアプリ、しかも無料です

使い方については、こちらのサイトを参考にしてください

世間はお盆休みということで、車で出かける方も多いのではないでしょうか。そんなときに使ってみたいのが「Trapster」。オービスやねずみ取りのポイントを事前に警告してくれるiPhoneアプリです。

ITmediaの解説に補足するならば、このTrapsterが使えるポイントとして、クルマでの利用に特化しているアプリだということで

・走行中は進行方向前方を監視するモードになる
 ちなみに、監視する距離は好みによって指定できます

・簡易ナビとして使える
 地図的には、iPhoneのマップappと同じくGoogle mapsを使っているのですが、立ち上げたとき、そして現在位置ボタンを押した時の動作が異なります
 Trapster
  立ち上げた時、前回の地図の拡大率を覚えている
   現在位置ボタンを押しても、地図の拡大率が変化しない
 マップapp
   立ち上げた時、前回の拡大率を覚えていない
   またかなり拡大した状態になる⇒クルマでの利用では詳細過ぎる
   クルマでちょうど良い拡大率に設定していても現在位置ボタンを押すと標準の拡大率に戻る

ということで、マップappはクルマで使う場合、停止中にさっと地図を確認しようと思うとちょっとイラっとする場合が多いのですがTrapsterは単に地図として使う分目的だとかなり快適なのです

Trapsterの目的は、取締り情報の共有なワケですが、実際お盆で混雑した道を家族を乗せて移動してい状態ですと、取締り情報を気にする必要はほぼ無かったと思います

それよりも、クルマの移動でざっと位置を確認するには最適な地図を提供してくれるという点が便利だと思いました。

勿論、経路検索や、音声案内などはありませんが

iTunesからのダウンロードはこちら⇒Trapster speed trap alerts (now with Twitter and Facebook Connect)

スポンサードリンク

アマゾン