Facebookがモデルの映画

スポンサードリンク

Facebookを題材にした映画が製作されているようです

いまだに少々信じられない思いが抜けきらない。アーロン・ソーキン(あのア・フュー・グッドメンやザ・ホワイトハウスの脚本家、プロデューサーだ)がFacebookをテーマにした映画The Social Networkの脚本を書くことを引きうけたというのだ。しかしインタビュー・ビデオ(下にエンベッドしてある)を見ると、企画書(Ben Mezrichのノンフィクション、The Accidental Billionairesが原作)を見たとたんにソーキンはイェスと言ったが、「それはたぶん人生で一番速いイェスの返事だった」と述べている。

コンピュータ内部のデジタルな仮想世界を最初に描いた映画「トロン」

ハッキングを始めて世に知らしめた映画「ウォーゲーム」

その名もずばりのインターネットをテーマにしたスリラー映画「ザ・インターネット」

カンヌ国際映画祭 国際批評家連盟賞を受賞した黒沢清監督の『回路』

2chな映画なら『電車男』

ブログを題材にした映画は『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』とかとか

映画の歴史の中にもその他数多くのネット関連映画が作られてきましたね?

Facebookを題材にした映画とはどのようなストーリー展開になるのか?
ネットもクラウド化して来てハナシが判り辛くなる予感がするのは私だけでしょうか?

で、トレンド的にはお次はTwitterを題材にした映画かな?ヒウィッヒヒーが有力なのかな? w

個人的はFlickrを題材にした映画がシンプルで良いと思いますが・・・・

スポンサードリンク

アマゾン