メルセデスに漂うF1撤退感

スポンサードリンク

BMWザウバーを除くF1チームは、来年からのコンコルド協定、すなわち、F1参戦確定の表明をしました。
とりあえず、BMW以外のF1チームは撤退しないという意向が確認出来たワケですが、未だに残るう噂として、メルセデスがF1から撤退するのでは無いかということです・・・・

皆さんもご存知の通り、メルセデスは、F1チームを運営していワケでは無く、現在はエンジンサプライヤーということなのです。

チームがコンコルド協定にサインしても、エンジンサプライヤはまた別ということですね。

世界規模で起きている金融危機のため、またもやF1から撤退するチームが出てくる可能性が浮上した。メルセデス・ベンツがホンダ、BMWに続き、撤退を検討しているのだ。F1に参加している自動車メーカーはかねてからF1参加のメリットについて疑問を持っている。メルセデスはF1の撤退をこの数カ月検討しているが、まだ答えは出ていないということだ。

ということで、ブラウンGPを連勝に導いた、要因の1つである、現在最強と噂されるメルセデスエンジンがF1から去るというのは、今後のチーム戦力図を大きく塗り替える可能性があります。

とにかく、一番影響を受けるのは間違い無く、マクラーレンF1チーム。
株式の40%を所有するメルセデスが仮に撤退するのであれば、コトは重大です。
マクラーレン・コスワースになっちゃうのでしょうかね?

また、ブラウンGPやフォースインディアは、ただでさえ資金が無いのに、エンジン変更は大打撃だと思います。

スポンサードリンク

アマゾン