東芝財務がAppleから受注で大好転

スポンサードリンク

Appleが、iPhone や、タッチパットMacの生産に必要と思われるフラッシュメモリーを東芝に大量は発注したことで、財務状況が一気に好転しているようです

フリーキャッシュフローでは588億円と黒字を確保。前年同期と比較しても2,657億円増加と、大幅な改善になっている」(東芝・村岡富美雄代表執行役副社長)とした。

 第1四半期のキュッシュフローの増加には、米アップルがフラッシュメモリの調達に関して、数年間に渡る長期契約のための前金として支払った5億ドル(日本円では488億円)が含まれている。

488億円という大幅な前金、いったいどうやって振り込むのでしょうか?w

スポンサードリンク

アマゾン