シャープ「NetWalker」発表

スポンサードリンク

シャープが突如モバイルインターネットツールと呼ぶ”NetWalker(ネットウォーカー)”PC-Z1を発売しました!

3秒起動、10時間駆動がウリのUbunts搭載のネットブックよりも小さい、モバイル端末がNetWalkerです。

重量は405gと超軽量で、Filefoxや、OpenOfficeが使えるというのもすごい

USBを1機、miniUSBを1機備え、イーモバイルなどの通信モジュールに対応、ということは、miniUSBにマウスを差すということなのでしょうか?

シャープといえば、ネットブックとして復活したメビウスの発売で、100名モニターなんていう嬉しいキャンペーン(当選しませんでしたがorz)をしていただいたのですが、勿論このネットウォーカーでもやっていただけると信じています。。。。。お願い(^人^)

個人的に注目するのは、iPhoneにさえもついていない、ストラップ穴まで装備しているという、差すがジャパニーズな端末は一味違うなと関心しています

iPhone 3GS、EeePC、更に、コレ持ってナニするの?という自己ツッコミは別として、405gの端末でブログ更新出来るなら、かなり魅力的です。

でちょっと気になるのが、このNetWalker、実売予想価格は4万5000円前後とそれなりに良いお値段が設定されているということ

いまなら29800円で、XP搭載のネットブックが買えます。

Ubuntsならもう少し安くして!お願い(^人^)

ところで、シャープの携帯端末といえば、ザウルス。。。。

どうです?ザウルスの方がアグレッシブ(^^;なワケですが、メビウスを復活させたのに、この端末にザウルスという名称を復活させなかったのは何故なんでしょうね?

シャープは、ARMベースのCPU(800MHz)にUbuntu OSを搭載した超小型PC「NetWalker」を発表しました。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/27/026/index.html

超軽量で携帯電話のようなクイック起動や長時間駆動が可能なため、出先でメールチェックなどが簡単に行えるほか、タッチインタフェースに対応した高精細な5インチ液晶を備えるなど、意欲的なモデルとなっています。

シャープがモバイルネット端末の新製品 NetWalker PC-Z1を発表しました。ネットウォーカーは5型 1024 x 600 タッチスクリーンとフルQWERTYキーボードを搭載したクラムシェル型の製品。「携帯電話とPCに次ぐ第三のモバイルツール」というどこかで聞いたような位置づけです。特徴はUbuntu Linux採用で Firefox や OpenOffice.orgといったアプリが動くこと、ARMベースで3秒起動(サスペンド復帰)・10時間駆動を実現しつつ本体 409gと軽量な点。

シャープは8月27日、モバイルネット端末「NetWalker」を9月25日に発売すると発表した。OSにLinux(Ubuntu)を採用し、手のひらサイズの小型ボディに、タッチパネルディスプレイとフルキーボート、無線LAN接続機能を詰め込んだ。3秒で起動し、10時間連続駆動する気軽かつ本格的なMID(Mobile Internet Device)として、市場開拓を目指す。

スポンサードリンク

アマゾン