俺のPowerPCが捨てられたワケ

スポンサードリンク

4年前AppleがPowerPCを捨て、Intelチップに以降を決断したApple、いやジョブズ氏?の決断はiPhoneやiPodと同様に、Appleの歴史の中でも重要な出来事だった筈です

私は、未だにPowerPC G5が搭載されPowerMacを使っているのですが、これほど長く使える性能を持つアーキテクチャを何故Appleが捨ててしまったのでしょうか?

その理由をCNET様が元IBMの幹部にインタービューされています

AppleがPowerPCアーキテクチャから手を引き、Intelのx86系に切り替えていくことを発表してから、この6月で4年がたった。当時AppleとIBMの間の討議にも加わっていた人物が、なぜこのような事態が起こったかについて見解を語った。

つまりは、IBMはIntelのように、ローコストで省消費電力でかつパフォーマンスの高いプロセッサを製造することが出来なったというということですね。

Appleの決断は正しかったとも言え、また必然的だったということでしょう

現在では、Mac miniであっても、私のPowerMac G5と同等以上の性能をたたき出しながら、その価格は1/5以下・・・・

コストダウンに成功したAppleさんありがとうということかな?

スポンサードリンク

アマゾン