【Speed】完成度満点な新iPhone 3GS

スポンサードリンク

新しいiPhoneの名称はiPhone 3GSとなりました!

“S”の意味はSpeedのSということです!

新iPhoneは現行モデルよりも明らかに速い。「S」が意味するところはまさにそれ、「Speed」だ。殆どのアプリケーションが少なくとも2倍は速くなるとAppleは言っている。

iPhone 3GSをプレゼンテーションしたのはフィルシラー氏
残念ながらジョブズ氏は登場しませんでしたが、それ以上にiPhone自身の訴求力があるのでしょうか?素晴らしいプレゼンテーションだったようです

米アップル(Apple)は8日、米サンフランシスコ(San Francisco)で開催した開発者会議「ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス(Worldwide Developers Conference、WWDC)」で、携帯電話端末iPhone(アイフォーン)の新型モデル「iPhone 3GS」を発表した。一方、登場がうわさされていた、長期療養中のスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)同社最高経営責任者(CEO)は姿を見せず、基調講演はフィリップ・シラー(Philip Schiller)上級副社長が行った。

まず何といっても、iPhoneの全てが高速化しているということが、最大の進化かもしれません。
そして、高速化してにも関わらず、バッテリ性能を向上させるなど抜かり無しのAppleはiPhone 3GSでユーザのニーズを的確に反映しています

iPhone 3G Sは処理速度がiPhone 3Gに比べ最大2倍速く、Webページの表示やアプリケーションの起動が短時間で済むという。バッテリ駆動時間も長くなった

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/09/009/index.html

「iPhone 3G S」は動作速度が大幅に向上しており、「すべての動作が最大2倍速く、より俊敏に反応します」とされているほか、タッチパネルを利用して好きな位置にピントを合わせることができるオートフォーカス内蔵の640×480のVGA動画の撮影にも対応した300万画素カメラを搭載。

勿論通信速度も向上しています。
せっかくアプリが早くなっても、通信が遅いようではまったく意味がありませんんからね

7.2 Mbps HSDPAをサポートし、通信速度の高速化を実現。

お次は、カメラ性能の向上
3メガピクセルカメラを搭載。毎秒30フレームの動画をVGA(640×480)の解像度で撮影できるそうですが、まぁこちら最近のスマートフォンに追いついたという表現でOKなのかもしれませんね。
しかし、撮影したビデオを再生するUIなどiPhone、いやAppleだからこその操作性やスピードに対する一日の長があるようです

Appleが発売する「iPhone 3G S」に搭載されたカメラは、ビデオ撮影以外にも複数の新機能をサポートしている。

 iPhone 3G Sは、3メガピクセルカメラを搭載(現行のiPhoneのカメラは、2メガピクセル)。毎秒30フレームの動画をVGA(640×480)の解像度で撮影できる。これによりiPhoneは、競合する携帯電話に対抗できるようになり、現行機種の欠点を補うことが可能となる

ビッグニュースは、新しくなったカメラだ。3メガピクセルのオートフォーカス・カメラは、30fpsのビデオも撮影できる。オートフォーカス機能は素晴らしく、クローズアップで撮影しても、ぼやけて役に立たない写真になることはなくなる。バーコードをスキャンしたいと思っている人などには嬉しい機能だ。

iPhoneユーザ待望のカット&ペースト機能、勿論備わっています。
ソフトウェアキーボードも進化しているようです

 新OSとなる「iPhone OS 3.0」が搭載されており、カット、コピー、ペースト、MMS、Spotlight検索、横長キーボードなど、100以上の新機能が搭載された。

Mobile Me限定ですがiPhoneを紛失したり盗難にあっても、その位置を発見できるサービスFind my iphoneが開始です

Mobile Me限定のサービスですけどね。

以前から噂されていた、iPhoneを見失っても居場所を追跡してくれるサービス「Find My iPhone」が開始されます。
これは、iPhoneから位置情報を読み取り、MobileMeからiPhoneの現在地を確認できるというもの。

音声認識インタフェイスも追加
まぁこのへんは、日本の携帯電話には既に搭載されていることなのですが、iPhoneの方から尋ねてくれるというのは画期的かもしれません
たんなる電話、そして、単なる情報端末ではなくなる可能性を秘めた技術かもしれませんね

音声認識機能も搭載した。ホームボタンを長押しすると音声認識用のインタフェースが立ち上がり、例えば”Call Scott Forstall”といえばScott Forstallに電話をかけられる。該当する番号が複数ある場合はどの番号にかけるかも聞いてくれる。現在再生中の音楽の曲名やアーティスト名を尋ねたり、Geniusプレイリストから似た曲を探してきて再生させたりも可能だ。ただ、日本語の音声認識に対応しているかどうかは明らかにされていない。

PDAカーナビのパイオニアTomTomとのコラボレーションも興味があるところですね
iPhoneがカーナビになるだけでは無く、通信サービスとカーナビゲーションの本格コラボレーションがいきなり開始されるワケです

The TomTom app is expected to be available this summer, but as CNET’s Erica Ogg and Kent German point out, the big question is how much this will cost. Mapping and navigation software isn’t cheap, so it’ll be interesting to see where they put the pricing on this app and how it compares with Sprint Navigation on the Palm Pre. Also, I have to wonder, would Garmin have been better off going the app route instead of launching its own Nuvifone line of GPS-enabled smartphones, which has yet to see the light of day?

日本でのGPSサービスはどうなるのでしょう
ソフトバンク次第?アプリメーカー次第?それとも地図会社次第なのでしょうか?

Japan is one of the countries in the world with the most advanced mobile phone technology, where cell phones come standard with features like high-speed Internet access, GPS, TV, and even the ability to be used as train passes. It’s not new in a country where people take advantage of GPS-enabled cell phones to keep tabs of their loved ones’ whereabouts.

iPhoneがモデムになるティザリングも注目ですね
ソフトバンクさんお願いしますよ?

アプリではテザリング (有線USBまたはBluetoothで iPhone 3G Sをモデムとして利用。3GでもOS 3.0で可能)。利用できるか否かはキャリアによる。Nike + iPod対応(外付けアダプタ不要でセンサーと通信)。動画も送れるMMS対応。

iPhone 3GSの価格は現行モデル並、$199と$299ですよね
一方で現行モデルは$99になりました。噂の低価格モデル=現行モデルということでしょうか

The truth is, these prices only apply to new customers, new lines of service, and contract renewals. If you’re still under contract, including existing iPhone 3G owners, you’re probably not eligible for the upgrade. AT&T claims that most iPhone 3G owners will be eligible for the announced pricing only after 18 months. However, you’ll still qualify for an “early upgrade price”, which are $499 for the 32GB, $399 for the 16GB, and $299 for the old 8GB iPhone 3G — that’s only if you can’t wait the six or so months to get the new phone. If you don’t want the two-year contracts at all, you’ll have to cough out the full price of the phones, which are $699 for the 32GB, $599 for the 16GB, and $499 for the 8GB.

日本での価格はどうなるのでしょうか?
というか、それはソフトバンクの世界であり、孫社長にお頼みするしか無いですね(^^;;;

日本でアイフォーンを扱うソフトバンクモバイルは米国で199ドルだった8ギガバイトモデルを2万3040円としていたが、2年間の契約を条件に実質無料とするキャンペーンを2月下旬から実施中だ。

iPhone 3.0では音楽などの直接ダウンロードが可能になるようです
iPhoneユーザにとっては、極自然なことかもしれませんが、一方のキヤリア側にとってただでさえ苦しい通信帯域が益々厳しくなるということで、あまり歓迎出来ない仕様変更かもしれませんね(^^;

モバイル版iTunes Storeでは、既に利用可能な音楽とポッドキャストのオプションに加え、近いうちに動画ダウンロードおよびレンタルのオプションの提供も開始される。現状では、ユーザーはコンピュータを使ってiTunesの動画コンテンツを購入、ダウンロードしてから、USBを介してiPhoneやiPod touchに購入したコンテンツを転送しなければならない。米国時間6月17日の「iPhone OS 3.0」公開以降、動画コンテンツをデバイスに直接ダウンロードすることが可能になる。

発売は米国で6月19日。日本でも同時に発売されるのでしょうか?

iPhone 3G Sは米国で6月19日より販売する。米AT&Tの通信サービスを2年間契約した場合の価格は,メモリー16Gバイト版が199ドル,32Gバイト版が299ドル。米国以外でも順次提供していく。iPhone OS 3.0はiPhone 3G Sにプリインストールされるほか,6月17日に既存iPhoneユーザー向けに無償提供を開始する。メディア・プレーヤ「iPod touch」ユーザーには9.95ドルで販売する。

で既存ユーザの方が気になるのは、iPhone 3GSは既存モデルに対してどのくらい進化しているかということ。

まぁ、当然いろいろ進化を遂げているようですが、指紋防止コーティングなんて細かい気配りもGJですね!(^^;

こちらはiPhoneの紹介ビデオ
じっくり見て、日本での発売まで首を長くして待っていてくださいね!

その他のねた元:

アップルは8日、新型『iPhone』 (アイフォーン)の「iPhone 3G S」を発表した。「これまでで最も速く、パワフルなiPhoneとなる」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べる

Apple の開発者向けイベント『Worldwide Developer Conference』(WWDC) が8日に開幕した。療養中の Steve Jobs 氏は登場しなかったが、新しい『MacBook Pro』や新版『Mac OS X』などの発表があり、会場に集まった聴衆を沸かせた。そしてもちろんそこには、新しい『iPhone』の姿もあっ

iPhone 3G Sが発表されたフィナーレの様子は続きをどうぞ (iPhone OS 3.0までの前半はこちら)。

米アップルは現地時間の8日、開発者向けイベント「WWDC 2009」の基調講演にて、以下の新要素を発表した。

Appleは米国時間6月8日、同社の新携帯端末「iPhone 3G S」を年次開発者会議「World Wide Developers Conference(WWDC)」で発表した。ここでは、同端末を画像で紹介する。

スポンサードリンク

アマゾン