これでオリンパス・ペンE-P1選べる?

スポンサードリンク

E-300という、一応(^^;;;オリンパスデジタル一眼レフカメラユーザとしてかなり気になるマイクロ一眼OLYMPUS E-P1ですが、往年のペンのイメージを引き継ぐメタルボディを強調したシルバー、そして、レトロモダンなデザインをフレッシュに変身させているホワイトのどちらも魅力的なカラーです

仮にOLYMPUS E-P1を買うことになれば、どちらにすべきか、かなり迷うことになる筈ですが、そんな方にはインプレス様のこの記事が参考になるのでは無いでしょうか?

うーん、これらの写真を見れば見るほど、更に迷っちゃいそうですね?
ちなみに、OLYMPUS E-P1のボディですが、軍艦部とボトムは、アルミニウム、そして、側はステンレスを素材に使っているということで、その素材感をダイレクトに感じ取れる、シルバー・・・・

一方で、ホワイトというデジタ一眼の中ではレアなカラーが逆に新鮮、金属の上に入念に塗装されたホワイトもそれはそれでかなりイイ!

ということで、んもうどんなに考えても結論は出そうにありません・・・・(ってOLYMPUS E-P1買う気になったのかっい!!???www)

更に、OLYMPUS E-P1は、革製速射ケースやストラップなど、おしゃれな純正オプション満載なので、そんな組み合わせも無限大で余計に困っちゃいそうです・・・・

ペンタミラーを省くという同様のコンセプトであるE-300の後継として、そろそろ新しいデジタル一眼が欲しいところ・・・・もうちょっとでポチしてしまいそうです;;;;^^)

ネタ元:

E-P1は、オリンパス初となるマイクロフォーサーズ機。同社往年のハーフサイズ銀塩カメラ「ペン」のフィロソフィーを受け継いでいるという。クイックリターンミラーを省いたことで薄型化を図ったほか、ファインダーや内蔵ストロボも省略することで、小型化を実現している。

スポンサードリンク

アマゾン