2014年「ムーアの法則」の限界

スポンサードリンク

そろそろ、と言っても地デジ以降後3年経った後、あのムーアの法則が終焉を迎えるそうです

ムーアの法則終了まで、あと5年弱、つまり、少なくとも2倍×2回で、4倍のメモリが登場して終了ということになりそうですね。

現在のフツーのPCが4GBメモリだとすれば、16GBくらいかな?

そこ頃にはWindows 8になっているかもしれませんが、よりメモリを消費しないアーキテクチャになってほしいものです

また、デジタルカメラの画素数もムーアの法則並に向上してきましたが、現在、1000万画素に入った時点で画素数競争は終わりを迎えようとしています

デジカメのイメージセンサーも半導体製造装置で製造されますから、ムーアーの法則の終焉に伴って、画素数増加も限界が近くなるということでしょうか

ネタ元:

ムーアの法則は、Intel共同創設者Gordon Moore氏の名前にちなんで付けられており、集積回路上に置かれるトランジスタの数が2年ごとにおよそ2倍になると述べている。40年以上、チップ形状は小型化を重ね、ムーアの法則通りとなった。

スポンサードリンク

アマゾン