リコーがレンズ交換式コンパクトデジタルカメラを準備中?

スポンサードリンク

初代RICOH GR DIGITALが発売されたのが、2005年10月、そして、私も愛用させて頂いている、GR DIGITAL II が発売されたのが2007年11月
変化の激しいコンパクトデジタルカメラは通常半年でモデルチェンジするのが恒例となりますが、GR DIGITALは2年のモデルチェンジスパンを保っていることになります

であれば、この秋にでもGR DIGITALはモデルチェンジしてもおかしくないワケですが、ここにきてGRXという名称でリコーが新しいコンパクトデジタルカメラを発表するのでは無いかという話題・・・・いや噂が出てきています

RICOH GRXとはいったいどのようなカメラなのでしょうか?

ネタ元はこちら:

中国のサイトで、リコーの開発にお知り合いがいらっしゃる方が、リコーのレンズ交換式デジタルカメラGRX-DCの存在をネタバレさせていらっしゃいます。

・レンズ交換式コンパクトデジタルカメラMicro4/3よりも小型に
・画像センサーは1400万画素でAPS-Cではない
・最初は、40mm、24-85mmの2本のレンズを発表する
・電子/光学のハイブリッドビューファインダー、GPS、WiFiなども搭載する戦略的なコンパクト
・GRX-DCは、サムライ・ブラック、エンジェル・ホワイト、グレイ・プリンス、キティ・ピンク、チェリー・レッドの5種類のカラーバリエーションがある

情報の出所チョットアレっぽいですが、具体的なボディカラーの名称まで書かれているとなると、ちょっと不気味ですね(^^:

ちなみに、カメラーメーカーとしてはレンズ交換式のデジタルカメラを販売するということは、コンパクトデジタルカメラの薄利多売とは違う利益率を確保できるビジネスとなっているようですから、上級ユーザへの訴求力のあるリコーが注目しても不思議では無いのでは無いでしょうか?

また、GR DIGITALは、初代と二代目とデザインが変わらないということが、GR DIGITALとしてのアイデンティティとして確立されていますから、下手にモデルチェンジしてボディを変更するなどのギャンブルに出るより、インパクトがある新商品の方が既存の大切なユーザーを裏切ること無く、更にリコーのシンパになる方も増やせるかもしれません。

更に、エレクトリックビューファインダーという新しい方向性で成功したGXシリーズを、より進化させた姿とも言えるかもかもしれませんね。

ということで、仮に、噂通り、このRICOH GRXが本当出るとすれば、マイクロフォーサーズのライバルになるというより、より安価でより趣味性の高い製品が実現しそうですから、気軽にレンズ交換が楽しめる、これまでに無い小型のカメラということで、マニアの心を掴むかもしれません。

スポンサードリンク