ブラウンGPからヴァージンのロゴが消える?

スポンサードリンク

ブラウンGPの”一応”メインスポンサーであったVirginのロゴが消える可能性が高いようです

ブラウンGPのカラーリングからヴァージンのロゴが姿を消すかもしれない。

その背景には、ヴァージングループとの契約が上手く行かない、つまり、ブラウンGPのこれまでの活躍によりチャンピオン候補というポジションを維持しているのですが、それに見合うスポンサーシップを得られていないということなのです。

係者によれば、開幕戦オーストラリアGP時に25万ドル(約2,400万円)と呈示されたスポンサー料は、ここまで5戦中4回の勝利という強烈なパフォーマンスの後押しを受け、飛躍的に上昇の金額をニック・フライ/CEOが示しているということだ。

ということで、どうやら、こんな状況に業を煮やしたニックフライCEOが、マーケッティングディレクターの方をクビにしちゃったようです。

ブラウンGPのコマーシャル・ディレクター、デビッド・バトラーが退職したと『Marketing Magazine(マーケティング・マガジン)』が20日(水)に報じた

バトラー退職の理由は明かされていないが、マネジメント・バイアウトが行われ、マシンの装いは飾り気のないものに刷新され、目を見張る強さを披露しているブラウンGPに商業資本が流入していることを考えれば、このタイミングは特筆すべきものがある。

ということで、そもそも、素っ気ないホワイトベースのカラーリングは暫定的なものだった筈で、今後しっかりしたメインスポンサーが付くことで、マシンのベースカラーが何色になるのか?興味深いですね。

また、地球カラーに戻ることだけは避けた方が良いかもしれませんね(^^;

スポンサードリンク

アマゾン