F1モナコGP決勝ゴォール!最高の美酒を味わったのは

スポンサードリンク

数あるF1グランプリの中でも、ここで勝利することが最高の名誉とされるモナコGP

ポールポジションは実力と冷静さを兼ね備えたブラウンGPのバトン

フェラーリも復活しバトンとバリチェロの後ろにそれぞれ、ライコネンとマッサが付けブラウンGPとのドッグファイトの予感の中始まったモナコGP

決勝ゴールしました

レース展開はこんな感じ、スタートでチェロがライコネンを抜いていきなりブラウンGPのワンツー体制という、バトンにとっては最高のオープニングで展開してきました

2009年F1第6戦モナコGPは、日曜日の決勝レースを迎えた。レース直前のコンディションは、気温26℃、路面温度42℃、湿度59%、風速1.1m、快晴のドライコンディションとなっている。

そして、ゴールはそのままブラウンGPのバトンがポールトゥウィン!!

今季快進撃を続けるブラウンGPのジェンソン・バトンが、念願のモナコGP初制覇を飾った。
バトンはこれで自身通算6勝目。
今季5勝目、実に4回目のポールTOウィンをモンテカルロの難コースで遂げたことになる。

2位にもチームメイトのバリチェッロが入り、ブラウンGPはこれで今季3度目の1-2フィニッシュを飾ってみせた。

優勝はポール・ポジションからスタートしたブラウンGPのジェンソン・バトン。前戦に続く優勝で今シーズン5勝目をあげた。

F1今季第6戦、伝統の第67回モナコGPは24日、モンテカルロの市街地コース(1周3.340キロ)で78周の決勝を行い、選手権ポイント首位のジェンソン・バトン(英国=ブラウン・メルセデス)が1時間40分44秒282(平均時速155.166キロ)で今季3戦連続5勝目、通算6勝目を挙げた。

しかもバリチェロが2位でワンツーフィニッシュと、最高のグランプリで最高の結果となりました!

おめでとうございます!!

で、結果総合はこちら

F1 第6戦モナコGP -RIJ- (2009-05-23) Provisional Race-Results
2009 FIA F1 World Championship Rd.6 モンテカルロ市街地(MON):3.340km

ブラウンGPに続いたのがやはり復活気味のフェラーリ。
ライコネン、マッサが3位、4位を分け合っています。
今年以降のGPでは真紅のフェラーリがトップの常連となって欲しいものです。

中島さんは最後尾でゴールしましたが、ベストラップを見るとトップ8という速さ、それだけに最終ラップのクラッシュはかなり残念なところですね・・・

スポンサードリンク

アマゾン