えー!レッドブルも来年F1エントリ保留?

スポンサードリンク

現在、プライベートチームの中では最も予算が潤沢であり、実力も兼ね備えるチーム、レッドブルですが、元をただせば、ジャガーつまりFORDがF1を撤退した後にレッドブルが買い取ったチームです。
メーカー系チームの残党という意味では、ブラウンGP と似ているかもしれませんが、勿論フェラーリやBMWのメーカー系チームとは、F1へのエントリ意義が異なる筈、つまりメーカー系チームの台頭を制限する予算ギャップ制には賛成だと思っていましたが、何と、トヨタと同様に予算ギャップレギュレーションに反対する立場を取るようです。

トヨタとBMWザウバーに続き、レッドブルも2010年から導入される予算キャップに反対。F1撤退の可能性を示唆した。

先にFIA(国際自動車連盟)が示した2010年シーズンに向けてのF1チーム予算制限などのコスト削減案に対しては、すでにフェラーリやトヨタなどメーカー系チームから強い反発を受けているが、今度はさらにレッドブル・グループからも異論が聞こえてきた。

「2010年に向けて提案されたルールが変更されないのなら、2010年のチャンピオンシップには参戦しないだろう」

レッドブル撤退で、トロロッソは生き残る・・・・なんてオチは無いんですかねね(^^;;;

とにかく、今月末の来期F1エントリ締め切りまではFIA、FOA、そして各チーム間の熾烈な駆け引きがあると思われます。

スポンサードリンク