BMW S1000RR市販バージョンが発表されていました

スポンサードリンク

BMWがマジでスーパーバイク世界選手権に”勝ち”に来る為のバイク、BMW S1000RRですが、勿論スーパーバイクですから、市販車をベースにしていることが前提条件になります。

S1000RRの場合は、先にWSBKマシンとして、開発、公開され、レーシングマシンとしてテストが繰り返した後、市販化を考えたという、異例のバイクです。

それよりBMWというメーカーが純粋なレーシングバイクを開発しているということも、エポックな出来事でした。

そして、東京モーターサイクルショーにもそのSBK仕様が展示されていましたが、既に3月頃、灯火類やナンバープレートを装備したS1000RRの市販バージョンが公開されていたのでした。見逃しててすいませんm(_._)m 

ということで、こちらがその写真を公開しているページです。

左右のライト形状が違うなど、かなりアグレッシブな顔をしていますね〜

まぁカラーリングを変えれば、日本車と言って良いほど、逆に言えば無駄の無いデザインは、これまでのBMWのアダルトなデザインの微塵も見れないという、ここまでの割り切りが逆に超期待を誘いますね!

乾燥重量は183kg、193ps!!/1300rpmと、マジ日本製スーパーバイクもびっくりの性能デビューするようです。
また、レースでバイスとして装備された4ステージABS は、流石エレクトロニクスが強みのBMWのバイクというとこでしょうね!

速く日本にも上陸して、その姿を見せてくれっ!で、試乗させてくださいね;;;^^)

おっと、YouTubeにも、走行こそしていませんが、なめるようにS1000RRをレポートしてある動画を発見しました・・・

スポンサードリンク

アマゾン