モズレーFIA会長の『ワールド・エンジン』構想

スポンサードリンク

FIA会長のマックス・モズレー氏がワールドエンジン構想なる私案をぶち上げました。

ワールドエンジン構想とはいったいどのようなものなのでしょうか?

「F1ではターボチャージャー付のエンジン」を搭載、一方下位カテゴリーでは「NA(自然吸気)エンジン」を搭載。
WRC(世界ラリー選手権)ではそのいずれかを搭載すること。

FIAは運営費用を確実に最小限にできると考えており、KERSなどの特性を加えるだけでエンジン自体は1つの仕様にするべきだとモズレーは説明している。

さらなる情報を求められたモズレーは、現在ブレーキングのみで回収されているエネルギーを、「排気や、冷却システムからも」回収する可能性があると話した。

モズレー氏の説明によれば、どうやら、FIA自体が様々な用途に使えるエンジンを”持つ”ということらしいです。

F1ではターボ+KERS+その他いろいろでトップカテゴリたる馬力を確保するということでしょうか?
面白いのはWRCの会場でその構想を語ったということです。
つまり、WRCでもこのエンジンを用いるということなのでしょう。
とすれば、これまでF1やWRCなどトップカテゴリでエンジンから車体までを開発し競争してきた大メーカーの役割を否定する構想とも考えられます。

目標は2013年ということですが、果たしてその名の通り世界のモータスポーツの考え方を変えることになるかもしれないワールド・エンジン構想は実現することになるのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン