F1マレーシアGPでエクレストン、ブリアトーレ、JJがびちょびちょ

スポンサードリンク

F1マレーシアGPは、18年ぶりのハーフポイントで終わったGPでしたが、その原因は大雨。

さてどんだけ雨がふっていたのでしょうか?

こちらが、あまりにも雨がひどいセパンサーキットから退避する、F1総帥のバーニ・エクレストン、そして、ルノーのドン、フラビオ・ブリアトーレ、をクルマ乗せる、かつての名ドライバー、JJレート氏。

ビデオでこれくらいの雨が確認出来るってことは、やはり相当の雨だったようです。
ブリアトーレさんのシャツはぐちょぐちょになっていますね〜
エクレストンさん氏はウィンドブレーカーらしきジャケット着ていますが、まったく約に立っていない様子ですね。

そして2人が乗り込んだベンツの中も、びちょびちょになっているのかな〜なんて心配していしまのが私のような庶民ということでしょう(^^;

スポンサードリンク

アマゾン