F1マレーシアGP今度はアノチームがキター!

スポンサードリンク

灼熱のマレーシアで開催されているF1第2戦ですが、1日目が終了しました。
プラクティス2回目でトップに立ったのは、、、、

フェラーリがプラクティス2回目で、ワンツーを獲得。
そしてレッドブルも本来のパフォーマンスを発揮しています。

F1 第2戦マレーシアGP -RIJ- (2009-04-03) 2nd Free Practice-Session

これで、出だし代1戦のオーストラリアでは散々の結果になったフェラーリは、元の強いフェラーリに戻ったということなのでしょうか?今期力強さを見せないとヤバいライコネンも本来のその才能と圧倒的な速さを再び見ることが出来るのでしょうか?

そして明日の予選、ブラウンGPはオーストラリアと同様に他のチームを寄せ付けない強さのまま・・・なのかも注目ですね。

午前のウィリアムズに代わり午後のセッションで1-2を決めたのは、ひさびさフェラーリ勢でライコネンが1’35.707のタイムでトツプ、これにマッサが1’35.832で続いた。

2009年F1第2戦マレーシアGPが4月3日(金)、セパン・インターナショナル・サーキット(1周/5.543km、4月5日決勝56周/310.408km)で開幕し、現地時間14時(日本時間15時)から90分間、プラクティス2回目が行われた

フリー走行2回目のトップタイムはフェラーリのキミ・ライコネンが記録。午前中のロズベルグを上回る1分35秒707を記録した。

スポンサードリンク

アマゾン