ルノーF1ドバイのデモランでクラッシュの動画

スポンサードリンク

ルノーの昨年型のF1マシン、R28がドバイでFIA副代表がステアリングを握りデモランをしたのですが、あっと驚く大クラッシュを演じてしまいました。

その時の動画がYouTubeにアップされています。

こちら

スタート直後に、ホイールスピンの為かコントロールを失いスピンしてクラッシュです。
ステアリングを握っていたモハメド・ビン・スライエム氏はラリーでも実績があるようで、まったくのシロートでは無いようですが、流石にスタート直後のダウンフォースが掛かっていない状態では、軽量のF1ではグリップを得ることが出来なかったのでしょうか?
更に、悪いのは、ルノーR28はF1の2008年レギュレーションにより、トラクションコントロールが無いということですね。

それにしても、ストレートでもちょっと気を抜くとスピンしてしまうF1マシンを全力でドライブしているF1パイロットの技量が反面教師的に判るのでした。。。。。

モハメド・ビン・スライエム氏はお身体に怪我無い様で、本当に良かったです。

関連記事:

F1の統治団体であるFIA(国際自動車連盟)の幹部が、昨年のグランプリマシンを運転して高速で激突した。

ドバイで行われたルノーのデモンストレーションランイベントで、F1マシンがクラッシュする事故が起きた。アラブ首長国連邦の自動車連盟代表で、FIAの副代表でもあるモハメド・ビン・スライェム氏がルノーのR28マシンを走行中に、コントロールを失って壁に激突した。

ルノー・チームのF1マシン『R28』が、ドバイで壮絶なクラッシュ劇を演じたことがわかった。
これは、同チームが世界中で繰り広げている『F1ロードショー』の一環で、今週中東のドバイで行われたイベントで起きたもの

スポンサードリンク

アマゾン