Eos Kiss X3の実力

スポンサードリンク

Impress様にキヤノンの新エントリデジタル一眼レフカメラEos Kiss X3のレビュー記事や、静止画と動画の作例がアップされています。

動画撮影機能は、エントリ向けとしては少々使いこなしが難しいかもしれませんが、とにかくこの11台で高性能なムービーカメラと、本格的なデジタル一眼レフが一緒に手に入れられるというのはかなり魅力的な1台なのではないでしょうか?

また静止画は、キヤノンの中級デジタル一眼レフカメラEOS 50Dに匹敵する、あるいはそれ以上の完成度を持った高画質の写真、特に、高感度の画質については、現状のAPSデジタル一眼レフカメラの中でも最高峰のものですし、うまく動画撮影機能と使いこなせば、感動的なムービーが撮影出来るということで、エントリ向けというより、作品を撮影される方向けかもしれませんね。

その代わり、ウィークポイントとしては、ライブビューや動画撮影機能を使った時のバッテリー持続時間のようです。
エントリ向けとして、ボディを小型軽量にしなければならないということで、バッテリも容量に限界があるようですから、これは仕方が無いことなのかもしれませんね。
また、動画撮影時のファイルサイズにも要注意かもしれません。
あっという間にSDHCメモリカードが満杯になることでしょうから、動画を積極的に撮影される方は、バッテリーとSDHCメモリカードは十分スペアを確保していただくことが前提になるかもしれあせんね。

とにかく、この価格で最高の写真と、プロ用ムービーに匹敵する動画が撮影出来るという一粒で二度おいしいデジタル一眼レフカメラであるようです。

元ねた:

4月24日つまり今週末に発売を控えているキヤノンのエントリ向けデジタル一眼レフカメラEOS Kiss X3のレビュー記事がImpress様にアップされています

スポンサードリンク

アマゾン