ネットブックの理想形?「Touch Book」

スポンサードリンク

Always Innovating社のTouch Bookかなりいい感じです。

TouchBookはディスプレイと本体を切り離し、ディスプレイだけでもタブレットPC?として動作するようです。

スペックは以下の通り
9.4″ x 7″ x 1.4″ for 2 lbs (with keyboard)
ARM Texas Instruments OMAP3 chip
1024×600 8.9” スクリーン
ストレージ8GB micro SD card
無線LAN 802.11b/g/n
Bluetooth
USBポート×6 (3インターナル、外部2、miniポート1)
バッテリー10?15時間

こちらがTouchBookの実機ビデオ

それとシンプルなデザインもかなり魅力的ですが、それらに加え、更に10時間?15時間というバッテリー時間もかなり魅力的です。

私もiPod touchもこのようなコンセプトのキーボードがあったら・・・・なんてずっと前から思っていましたので、まさにそれが具体的なガジェットとして提供sあされている姿、価格も安価のようですから、日本でも発売して欲しいですね。
ちなみに、ディスプレイ側とキーボード側別売りで購入出来るようで、その接続は通常のUSBということですから、そこいらのキーボードと組み合わせても使えそうですね。イイ!(^^;;;

ネタ元:

Always Innovatingという米国のスタートアップが3月2日(現地時間)に「Touch Book」を発表した。ミニノートからディスプレイを外してタブレットとしても利用できるハイブリッドデバイスだ。同社は一般的なネットブックの3倍近い長時間バッテリ駆動をアピールしている

スポンサードリンク

アマゾン