都市鉱山の発掘と中古携帯電話

スポンサードリンク

使い終わった携帯電話の回収率が急激に下がっているそうです。

そんな携帯電話の回収率を高めることで、世界的に枯渇化しそうな貴金属などのレアメタルがリサイクル出来ることになり、総務省はその回収を推奨する施策を携帯電話会社に要求するようです。

皆さんも、思い出ということでご自宅で眠っている携帯電話が何台かあるのでは無いでしょうか?

そもそも携帯電話の回収率が上がらない要因として、メールやダウンロードしたコンテンツが買い換えた携帯電話に移行するのが難しいという理由があるのでは無いでしょうか?
とくに有料アプリや有料の楽曲など、わざわざ正規にお金を払ったのに、携帯電話が変わると移行できないなんて、携帯電話を購入した後にまるで常識のように説明を受けますので、そりゃねーよ!なんて、それなりに投資した古い携帯電話を手放すのは悔しいですよね?

ということで、リサイクルの為に無料で回収してもらうより、白ロムとして中古で売る方が少しでも足しになる場合もあります。
中古携帯電話市場もそれなりに活気を帯びているようです。

購入する方も、最近の携帯電話は一括払いが主流ですから少しでも安価な白ロムの携帯電話に目が行くのも当然かもしれませんが、少し注意した方が良いかもしれないのがこちら。

中古で購入したソフトバンクの携帯電話端末が突然、通話不能になる事例が相次いでいる。前の持ち主が支払いを滞納していた端末などで、通話を規制する措置を同社が取っているためだが、利用者には区別はつかず困惑が広がっている。

ちゃんとした、中古携帯電話ショップでは対応してくれそうですが、オークション等で中古の携帯電話手に入れるのは注意かも・・・・

スポンサードリンク

アマゾン