F1オーストラリアGP フリー走行2回目 二重波乱の予感

スポンサードリンク

オーストラリアGP初日が終了ました。
フリー走行2回目の結果を見る限り、たいへんなことになりそうです。

オーストラリアGPのフリー走行2回目が終了、ここでもトップタイムを記録したのはウィリアムズのニコ・ロズベルグだった。
ロズベルグは午前に記録したタイムよりさらにコンマ6秒ほど短縮した1分26秒063をマーク。
一方チームメイトの中嶋一貴は最後のアタックこそブラウンGPのマシンと接近してタイムアップがならなかったものの、それでもこちらも午前よりタイムを短縮してまずまずの7番手となっている。

フリー走行2回ともトップを奪取したのは、何とウィリアムズトヨタ、のニコロズベルグ。
そして2番手はブラウンGPのルーベンスバリチェロ、3番手はトヨタ ヤルノ・トゥルーリ。

順位はこちら

F1 第1戦オーストラリアGP -RIJ- (2009-03-27) 2nd Free Practice-Session

このトップ3チームの共通点は、、、そうです、KERSを搭載していないこと、そして、大問題になろうとしているリア・ディフューザについて他チームからクレームを受けていることなのです。

もしこのまま予選に突入するならば、予選結果は昨年までのGPでは考えられなかったことになるかもしれません。

そして、このGPが開幕する前から、レッド・ブルなどが正式に訴える構えを見せているリア・ディフューザ問題。。。。予選結果次第では、他のチームも巻き込んでたんへんな騒ぎに発展する可能性があります。

明日の予選、そして、明後日の本線は大騒ぎの予感(^^;;;

関連記事:

2009年F1第1戦オーストラリアGPが3月27日(金)、アルバート・パーク(1周/5.303km、3月29日決勝58周/307.574km)で開幕し、現地時間16時30分(日本時間14時30分)から90分間、プラクティス2回目が行われた。

F1開幕戦オーストラリアGPのフリー走行2回目が27日(金)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

2009年F1第1戦オーストラリアGPが3月27日(金)、アルバート・パーク(1周/5.303km、3月29日決勝58周/307.574km)で開幕し、現地時間16時30分(日本時間14時30分)から90分間、プラクティス2回目が行われた。

現地時間12時30分から行われたフリー走行1回目では、ウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録。チームメートの中嶋一貴が2番手に入り、今季初のセッションはウィリアムズが1-2を獲得、幸先のよいスタートを切った。

スポンサードリンク

アマゾン