F1最も勝利したドライバーがチャンピオンに

スポンサードリンク

FIAが今年のF1チャンピオンシップの新レギュレーションを発表しました。
今期から、最も勝利数が多いドライバーがF1チャンピオンになるのです。

Formula One racing’s governing body, the FIA, has approved a change to the points systems for this year’s drivers’ championship, which will see the title awarded to the driver with the most race wins. The rest of the standings, from second to last place, will be decided by the current points system.

このレギュレーションによって、特にシーズン後半はすさまじい優勝争いが見れるかもしれませんね。
また、シーズン後半での複雑なポイントシュミレーションが無くなりますから、誰にも判りやすいチャンピオン争いになることは確実なんですが、一方で、もし、強いドライバーが1人生まれるとすれば、あまりにも早くチャンピオンが決定する可能性があるでしょう。

結局FOTAが提案していた、12:9:7ポイント制は却下されましたが、まぁこれはフェラーリ&シューマッハの最強時代に修正されたレギュレーションですから、それに戻すもの本末転倒ということでしょうか?

関連記事 :

FIAは、2009年のドライバーズチャンピオンシップにおいて、ポイントシステムの変更することを承認した。

世界モータースポーツ協議会(WMSC)がパリの本部で会合を開き、F1の商業件を持つバーニー・エクレストンが最初に提唱したこのルール変更について話し合った。

シリーズ・チャンピオンについてはポイントではなく『最多優勝者』に与えるとしたもの。

FOTA側が提案していた1位から3位の獲得配分が増える12:9:7ポイント制は却下され、コンストラクターズチャンピオンシップもこれまでと同じように競われる。

スポンサードリンク

アマゾン