Apple製ネットブック噂再び

スポンサードリンク

アップブルがネットブックを発売するという、噂や憶測、そして希望な記事は出ては消えの状態ですが、今度はディスプレイメーカーが、Apple向けのタッチスクリーンを開発しているということで再燃しています。

Taiwan-based Wintek will supply touch panels for Apple’s new netbook, and shipments will start in the third quarter this year, according to a Chinese-language Commercial Times report.

発売は年末ということで、まだまだ超噂な段階ですが、これまでもタッチスクリーンな特許を多数取得しているAppleですから、そんな噂の集大成的なマシンを見てみたいものです。

ジョブズがAppleに復帰して発表した、革新的なデバイス、iMac、iPod、iPhoneとその次もそろそろ見てみたいものです。

関連記事:

Take this for what you will, but the Apple rumor mill is churning Monday with word that the company has a touch-screen Netbook in the works that will hit the market in time for back-to-school sales later this year.

ディスプレイメーカーのWintekは「アップルのネットブック」向けタッチパネルを供給する見込みとのこと。

今度の出元は、台湾の中国語新聞「Commercial Times」の報道がDigiTimesの英文記事経由で広まってるもの。

真偽の程は定かではないが、Apple関連情報サイトが米国時間3月9日、Appleはタッチスクリーン式ネットブックを開発中であり、2009年の新学期セールに間に合うように発売すると報じた。

今回AppleのNetbookをめぐるうわさが再燃したのは、台湾の日刊経済紙Commercial Timesが3月9日、「かつてAppleのiPhoneの製造にも携わった台湾のQuanta ComputerがAppleからそうした小型の低価格ノートの製造注文を受けた」と報じたのがきっかけ。さらにCommercial Timesは、同じく台湾企業のWintekがそうした端末向けにタッチパネルを供給する見通しだとも報じている。

スポンサードリンク

アマゾン