「バービー人形」50歳

スポンサードリンク

サザエさんやドラエもんは何時まで経っても同じ歳ですが、バービー人形も50歳の誕生日を迎えたそうです!
おめでとうございます

世界中の少女に愛されてきた米マテル社の人形バービーが9日、”50歳の誕生日”を迎えた。

いまや世界中で愛されるバービー人形ですが、発売当初は日本で製造されていたそうですがその理由はコチラ

1959年3月9日発売開始。アメリカで売られていた着せ替え人形が 2 ドル台だった中で、『安かろう悪かろう』と言われていた日本製の人形に 3 ドルの価格を付けて販売したため物議をかもした。おもちゃ業界からは否定的な目で見られていたが、ファッショナブルで精巧なお人形は子供たちに支持され、爆発的に売れた。

って、現在の某国におもちゃを作っていただいている現状と似ているものがありますね(^^;;;

ちなみに1967年生まれのリカちゃん人形は、国内生産に拘っているようですが、それでも洋服は中国製も多くなっているとのことです。

旧タカラは1996年頃より人形の生産拠点の中心を中国に移したが、それ以降もキャッスルでは独自に仕上げの良いリカちゃんやジェニー、そのフレンドドールを製造して直販している。2007年には中国に自社縫製工場を開設し、良質なドレスの生産も開始した。キャッスル製の人形には様々なバリエーションがあり、「キャッスルリカ」「キャッスルジェニー」と呼ばれ、大人のファンの間で人気が高い。

50歳のバービー人形と、42歳のリカちゃん人形は今後も世界の子供たちの人気者でありことでしょう。次は還暦ですね;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾン