【人工】ネオンだらけの写真と星だらけの写真【大自然】

スポンサードリンク

世界中のネオンが美しい写真を集めると、日本のネオンがダントツに目立つようです。
こちらは、そんな写真コレクションのブログです。

東京にお住みの方ではお馴染みのいつもの夜の街ですが、視点を少し変えるだけでゲージツの世界になるのですから面白いですね。

ということで、人工的な夜のゴールデン街にうっとりした後は、大自然が作り出す光の芸術もじっくりご堪能ください。

こちらの写真家Wally Pacholka氏は、ハワイのこの世のもととは思われない星空を写真に納められてる方です。

ということで大自然がつくりなす神秘の光と、人工的な光の洪水、、、どちらがお好みでしょうか?

これらネオンや星空の写真の撮影はフィルムでは知識と技術が必要ですが、最近のデジタル一眼レフの驚異的な高感度性能の向上、そして何より撮影した結果がその場で見えるデジタルならば、皆さんもチャレンジされて見る価値はあると思います。
ただ、光を滲み無く映し出す良いレンズと三脚が必要になると思われます。

ネタ元はこちら:

 米天体写真家のWally Pacholka氏は、夜空に向けてシャッターを切り続けてきた

スポンサードリンク