東芝製自動車の可能性

スポンサードリンク

電気自動車への移行は、自動車メーカーの大きなパラダイムシフトが起こる可能性を秘めています。

東芝は、どのメーカーでも同じコストで電気自動車が作れるようなコンポーネントを供給することが今後の製品戦略上で大きなウェイトを占めることになるそうです。

東芝 自動車システム事業統括部統括技師長 榮元安信氏にハイブリッド車向けシステムの開発の経緯やHEV出荷実績と今後の製品戦略を聞く

現状の自動車メーカーは、世界一のエンジンを作ることで、世界一になりまたが、世界一の電気モーターを作っているのは、東芝や日立などの電機メーカーです。

よく言われるように、ホイールの中にモーターが存在する構造にすれば、エンジンルーム、駆動系や高級なブレーキは必要無くなるなどの、自動車自体の構造変化も発生することになります。

数年後は電機メーカーや電器メーカのブランドを付けた電気自動車が走り回っているかもしれませんね。
マブチとか、EneloopやEVOLTAロゴがあたな愛車にも付いているかもしれませんよ。

スポンサードリンク