FIA会長のエクレストンもヴァージン大々的お墨付き

スポンサードリンク

F1のドンであるバーニー・エクレストン氏が、ヴァージン・グループによるホンダF1買収について、歓迎の意向を表明されています。

いまやイギリス有数の企業であるヴァージン、当初ゼロから音楽業界に殴り込み、更に世界の巨人コカ・コーラに対抗しコーラという寡占商品の市場にチャレンジ、更には、法規制だらけで参入が困難な航空業界にも殴り込みをかけ成功したアグレッシブな企業です。

一方F1の現状として、タバコのコマーシャル禁止によって、結局銀行や保険などの自動車やスポーツと関係無い、保守的な金融スポンサーも増える結果となっていました。
アロンソはスペインの銀行、ルノーやF1を支援するING、ウイリアムズのRBSなどですね。

一方、レッドブルのように、世界中のアグレッシブなスポーツを支援するショー的な要素が強いス「ポンサーが参入はF1のショー的な要素を加速させている結果となっています、ヴァージン・ぐるーもそんなアグレッシブなブランドなのかもしれませんね。

バーニー氏が考えるF1に最適なブランドという意味も理解できるところです。

ただ、一方で、ニック・フライ氏は、ホンダF1チームを真の我がちーむにすることを画策中で、バージョンの交渉も流動的だとか・%

スポンサードリンク